排水管の水漏れが起きる場所と原因

日々の生活排水が流れる排水管は、簡単に水漏れなどのトラブルが起きないように設計されています。ただ、劣化や損傷のリスクがあり、約10年経つと経年劣化により、いつ水漏れが起きるか分からない状態になります。いつ水が漏れるようなトラブルに見舞われても慌てないように、排水管のある場所と原因について考えます。原因が分かっていれば、水漏れのトラブルが起きにくくなる予防策にも役立ちます。

■排水設備がある場所

一般住宅で排水設備が設置されている場所は、主に浴室、台所の流し台、洗面所の洗面台、トイレがあります。マンションの場合は基本的にはこれらの箇所に排水管がありますが、一戸建てであれば屋外の排水溝、排水管もあります。最近は核家族化が進み、一人暮らしのワンルームマンションも増えているので、ユニットバスが多くなっています。
ユニットバスはトイレと洗面台などが1ヶ所に集まっており、それぞれ排水口や排水管が別になっているように見えますが、最後は1本の排水口と排水管に繋がっていることが多いです。水が垂れる音の他にも、変なニオイがしたり、悪臭を感じたりしたら排水からの水漏れが起きている可能性があります。まずは、水が漏れる箇所をチェックしてみましょう。

■排水管で水漏れが起きる原因

排水から水が漏れる原因の多くは、排水パイプの詰まり、接合部分のゆるみ、経年劣化によるものです。排水パイプは他の配管と比べて、ゴミが非常に溜まりやすく、台所では食べ物のゴミや洗剤の油分などがパイプ内に溜まり、詰まりを起こし、ゴミが逆流して水が漏れるようになります。また、排水パイプの詰まりや振動や衝撃により、接合部分のゆるみが起こり、水がポタポタ漏れ出すことがあります。
経年劣化については、排水パイプの耐用年数は平均10年から15年とされており、10年以上経過している場合、いつ水が漏れるトラブルに見舞われるか分かりません。排水の水漏れはマンションだと下階に漏水する2次災害にも繋がるので、すぐに止水栓を閉めて対処してください。

■まとめ
排水管の水漏れを予防するには流れにくいもの、溶けにくいものを流さないようにし、定期的に排水パイプ内を掃除して、パイプ内を詰まらないように保つことです。排水口周辺に落としやすいものを置かないように気をつけてください。定期的に接合部分のゆるみがないかチェックすることも大事です。普段からいかに排水管を清潔に保てるかによって、水漏れのトラブルが起きにくくなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ