排水管の水漏れとトイレの交換

トイレの水漏れトラブルで多いのは、便器本体と床の間から水が漏れているケースです。便器に繋ぐ排水管から水が漏れている場合は、ネジのゆるみやパッキンの劣化が考えられ、自分で修理することも可能ですが、便器本体と床の間から水が漏れている場合は、自分で修理することは難しいです。便器にヒビが入っている場合は、トイレの交換が必要になります。排水管の水漏れとトイレの交換について解説します。

■便器に繋ぐ排水管からの水漏れ

便器に繋ぐ排水管からの水漏れは、接合部分のネジのゆるみを締めたり、劣化したパッキを交換したりすると解決することがあります。ネジを回す前に必ず、止水栓を閉め、レバーを回してタンク内の水を空にしてください。ネジを締めても水が漏れる場合は、パッキンを確認するため、レンチやウォーターポンプフライヤーなどの工具を使って、ネジを外します。
排水管内に残った水が流れ出るかもしれないので、予め床に雑巾やバケツを用意しておきましょう。パッキンのサイズは排水管の大きさによるので、ホームセンターで同じサイズを選んだパッキンと交換します。便器のすぐ後ろにタンクがあるタイプで、直結している接合部分から水が漏れている場合は、タンクを外す必要があるので、業者に依頼しましょう。

■便器本体と床の隙間からの水漏れ

便器本体と床の隙間から水が漏れている場合、原因はいくつか考えられます。便器と床の排水管接続部分の劣化、便器のヒビ割れ、もしくはトイレの設置工事の際の設置不良です。設置不良かどうかを確認するには、便器内に墨汁を垂らし、ひと晩おきます。翌日、床下を確認し、墨汁が混じった水が漏れているなら、設置不良の可能性があります。
便器と排水管の接続部分に使われるフランジパテが劣化していれば、新しいフランジパテと交換しなければなりません。どの場合でも一度は便器本体を外すことが必要で、トイレの交換が必要になることもあり、個人で対処するには大掛かりな修理になります。いずれの場合も業者に依頼することをおすすめします。

■まとめ
便器本体と床の間から水が漏れている場合、少量だからとすぐに対処しないでいると、便器だけでなく、床自体の損傷が進み、カビが発生したり、腐食したりするリスクもあります。悪くすると大規模なリフォームが必要になることもあるので、早めの段階で適切に対処することが大事です。トイレの床の水漏れは個人で修理できるケースは少ないので、下手に修理するより、業者に依頼した方が賢明です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ