トイレの排水管の水漏れ修理

トイレ 水漏れが起きると、水道料金が上がり、ニオイがしたり、床材が腐食したり、雨漏りの原因になることもあります。状況が悪化する前に早急に対処し、修理することが必要です。水が漏れる原因によっては自分で修理や交換をすることで解決も可能ですが、便器本体や床から水が漏れている場合は業者に依頼するしかありません。排水管から水が漏れている場合の修理について紹介します。

■水漏れの箇所を特定する

トイレ 水漏れの箇所は大きく分けると、給水や排水管などの接合部分、トイレタンク、便器本体の3つです。どの箇所も長年、使用することによって水が漏れるリスクがあります。水が漏れる箇所によって自分で修理できるのか、業者に依頼するのか判断することになるので、まず、水が漏れる箇所を特定することが必要です。実はタンクや給水、排水管が結露して、床や給水、排水管が水で濡れていただけというケースもあります。
トイレとリビングの温度差があるとき、湿度が高いときなど見落とさないように確認します。いずれにしても対処するときは、止水栓を閉めて水を止め、それ以上水が漏れないようにしてください。水を流したときに水が漏れる場合は、排水管の接合部分が疑われます。

■排水管の水漏れを修理する方法

排水管から水が漏れているときは接合部分のゆるみか、パッキンの劣化が考えられます。水が漏れている箇所が分かっていれば、付近のネジにゆるみがないかを確認します。ゆるみがあれば、レンチやウォーターポンプフライヤーなどの工具でネジを締めます。それでも水が漏れるときは、パッキンが劣化しているかもしれません。まずは止水栓を止め、次にレバーを回してタンクの水を抜きます。
パッキンは排水管と止水栓、トイレタンク、ウォシュレットの分岐水栓それぞれの間の箇所に使われています。モーターレンチで接合部分のナットをゆるめ、排水管を取り外し、水が漏れている箇所のパッキンを交換します。ナットを締めて、止水栓を開け、レバーを回して水漏れがないことを確認したら、止水栓を全開にしても大丈夫です。

■まとめ
トイレ 水漏れの原因が部品のゆるみやズレによるものであれば、自分でも簡単に直すことができます。給水、排水管の接合部分のパッキンの劣化も、同じ大きさのパッキンに交換すれば、修理は可能です。ただし、他の水回りに比べて複雑な構造なので、水が漏れる箇所や原因が特定できない場合もあります。自分で対処できないと判断したら、止水栓を止めるなど応急処置をした後は、速やかに業者に依頼してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ